今日は、中山道ウオークの続きをしました。
中山道ウオークの4回目になります。
歩いたコースは、美江寺宿〜岐阜加納宿。

本日のウオーキング歩数、29,438歩。(うちエクササイズウオーク22,854歩)、消費カロリー1,064kcal。


2009年12月29日(火)




JR奈良線の電車の最前部に陣取ります。
JP奈良線は単線。



京都駅へ近づいてきました。
奈良線は、部分的にこのように複線化されています。



京都駅に到着。
近江塩津行きの新快速電車に乗り込みます。



近江八幡駅に停車。
近江八幡も一日かけて歩いたことがあります。



米原に到着。
特急「しらさぎ」が停車していました。
近江塩津行きの新快速は、この「しらさぎ」が発車した後に出発します。



大垣行きの普通電車に乗車。
普段は米原〜大垣間は空いていることが多いのですが、この日はなぜか米原で超満員になりました。



雪雲に覆われる伊吹山。
さほど寒くないのですが弱い冬型気圧配置になっているらしく、伊吹山だけでなく近くの低い山にも新雪が積もっていました。



大垣駅に到着。
次に乗る樽見鉄道は電車が1時間半〜3時間の間隔でしかありません。
次の出発まで40分ほどあるので、駅近くで昼食を摂ることに。



駅前にはいい食べ物屋さんがなかったので、少し外れた場所のトンカツ屋さんに入りました。
外観はあまりきれいでない店でしたが、中に入るとJRの職員の人が昼食を摂っていましたので「当たり!」って思いました。
JRの人が食べに入っているってことは、この周辺では結構おいしい店だって。
とんかつ定食をおいしくいただいた後、樽見鉄道に乗り込みます。



車内で「レールバス」との説明放送が流れます。
車内には地元の小学生の作品だと思われる絵が貼ってありました。
「ア!私が描いた絵だ。」とお母さんに報告する嬉しそうな子どもの顔が眼に浮かびます。
地元に密着しながら経営を続ける樽見鉄道って素晴らしいなって思いました。
途中の駅には「ボタン鍋列車」のお知らせが貼ってありました。
ボタン鍋をつつきながらの〜んびりとレールバスの旅を楽しむなんて、とっても風情がありますね。



美江寺駅に到着。



レールバスの扉が閉まります。



バイバ〜イ。



美江寺宿の案内。
しかし、自宅を10時頃に出発したのに、ここに着いた時刻はもう午後2時。
時間がないので美江寺宿周辺は周らないで、さっそく中山道ウオークに取りかかります。



今日初めて目にする「中山道」の文字。



遠くに雪をかぶった山の姿が。






高札場跡。



本田代官所跡。



旧中山道の風景。



街道沿いの延命地蔵尊。



番場の地蔵前通過。



旧街道だけれど、この辺りの道幅は結構広め。



慶応橋通過。



河渡(かど)宿へ到着。



松下神社。



松下神社の説明。



長良川に到着。
昔はここで「河渡の渡し」に乗って長良川を越えていたんですが、今は堤防沿いを少し歩いて河渡橋を渡ることになります。






愛染堂。
このお堂は、人足が天保13年に銭を出し合い、道中家内安全・五穀豊穣を祈願するために建てました。
愛染明王が祀られています。 
地元では「馬頭観音」さんと呼ばれ親しまれています。 
明治の洪水被害で建て直されましたが、老朽化したため再度建て直されました。



長良川にはこんな立派な自転車道路があります。



河渡橋を渡ります。



年季が入った家がありました。



大きな道路を横断。



数本の道が並行して通る場所へ。
古い家があったのでこっちかと思って歩いていましたが、何となく違うような気がしたので前から来た人に尋ねるとやはり違いました。
さっそく中山道へ戻ることに。



ずっと快調に歩いていたんですが、直進していた中山道が幹線道路を越える場所で何本もの道に分かれる場所に。
その交差点には「中山道はこの道ですよ。」と説明している小さな案内図があったんですが、その案内図が分かりにくく結局道を完全に間違ってしまいました。
加納宿に入る直前で何とか中山道に戻ることができ、無事に加納宿に到着。
脇本陣へ。
この脇本陣は、岐阜駅のちょうど南側辺りに位置しています。









当分本陣跡。
「当分本陣」とは初めて知った名前。



加納城大手門跡。



岐阜問屋跡の説明。



東番所跡。
名鉄「加納駅」のすぐ近くにあります。



もう日没。



加納宿の説明。
さて、そろそろ帰路に。



岐阜駅構内へ。



岐阜駅構内。
私は岐阜駅を利用するのは今日が初めて。



京都駅まで戻って来ました。
運賃は3,000円超で結構遠い印象を受けますが、岐阜駅から京都駅まで意外と早く帰れたのに驚きました。
京都駅で少しだけ特急ウオッチ。
この時の京都駅に停まっている特急は、この「まいづる」だけでした。


中山道ウオークは、今日で4回目。
でも往復の運賃が5,000円を超えるようになったので、中山道ウオークも東海道ウオークと同様、当面は凍結することに。
ただ、草津宿〜番場宿は近いけれどまだ歩いていないので、その区間は来年早々にでも歩きたいと考えています。




ホームに戻る






inserted by FC2 system